ロボットを作る

子供のころ、映画「STARWARS」 を観てワクワクし、ガンプラにドキドキしていた。時間が経つのも忘れてしまう、そんな時間をもう一度、取り戻すために、Raspberry pi を使って、オヤジがロボット作りに挑戦する!

やり始めてみると、なかなか思い通りに行かない。時間の経つのも忘れて悪戦苦闘中。 「こんなちっちゃな Raspberry Pi で、こんなことができるんだ」を日々実感している今日この頃。

2016年09月


RaspberryPi3 に、やっと到着した USB マイクを動かしてみる。




 このUSBマイクは、型号:MI-305 made in China で。

ネット情報をもとに、以下すすめる。

差し込んで、立ち上げただけ。
$ lsusb
Bus 001 Device 006: ID:xxxx:xxxx C-Media Electronics, Inc. CM108 Audio Controller
 :

$ arecord -l
カード 1: Device [USB PnP Sound Device], デバイス 0: USB Audio [USB Audio]
 # USBマイクの カード番号:1/デバイス番号:0

$ amixer sget Mic -c 1
 # マイク音量の確認。 カード番号: 1

$ amixer sset Mic 16 -c 1
 # マイク音量の設定をMAXの 16

$ arecord -M -d5 -twav -fdat voice.wav -D plughw:1
  # マイク入力音声をWAVファイルへ保存
 1.サンプリングフォーマット: 48kHzステレオ(-fdatで DAT品質)
 2.5秒間(-d5で 5秒)
 3.保存ファイル名: voice.wav
 4.使用する PCM 


このあと、aplay で、voice.wav を再生すると、録音できてた。
とりあえず簡単に動いた。

続きを読む

Raspberry Pi3 に Ubuntu を入れる。



RaspPi3をネットで買うときに、ついでに UDB wifi ドングルを買ってしまったが、Pi2と違い Pi3 は Wifi 付いてた(on board)。しまった。

Ubuntu の中でも、RaspPi3対応な、Ubuntu MATE を以下からとってくる。
https://ubuntu-mate.org/download/

7-zip で、xz ファイルを解凍して、sdカードに書き込む。


■ disk容量

Ubuntu MATEインストール後は、本来のSDカード容量に関係なく、8G程度になるらしい。俺のは16Gなのに有効に使えてない。
先達さんのWebに書いてあった手当を行う。

$ sudo fdisk /dev/mmcblk0
  Command (m for help): d
  Partition number (1,2, default 2): 2
  Command (m for help): n
  Select (default p): p
  Partition number (2-4, default 2): 2
  First sector (133120-120946687, default 133120): (Enter)
  Last sector, +sector of +size{K,M,G,T,P} (133120-120946687, default 120946687): (Enter)
  Command (m for help): w
$ sudo reboot
<再起動>
$ sudo resize2fs /dev/mmcblk0p2
$ df -kh で確認


■ 日本語入力
OSインストール後にGUI画面から日本語を選ぶと「表示」は日本語にあるが、「入力」ができない。

システム > 設定 > ユーザ向け > 言語サポート

を開くと ”言語サポートが完全にはインストールされていません” と出てくるのでインストールを。
インストール完了後に キーボード入力に使うIMシステム を fcitx にする。
ログインしなおす。



↑このページのトップヘ