ロボットを作る

子供のころ、映画「STARWARS」 を観てワクワクし、ガンプラにドキドキしていた。時間が経つのも忘れてしまう、そんな時間をもう一度、取り戻すために、Raspberry pi を使って、オヤジがロボット作りに挑戦する!

やり始めてみると、なかなか思い通りに行かない。時間の経つのも忘れて悪戦苦闘中。 「こんなちっちゃな Raspberry Pi で、こんなことができるんだ」を日々実感している今日この頃。

2015年08月

scipy 2015 sklearn tutorial をやろうと思い、raspi2 に ipython notebook を入れようとする。
sudo pip install ipython
sudo pip install ipython[notebook] 
ここでエラーが出る、
ImportError: No module named functools32
    Jupyter notebook format depends on the jsonschema package:
        https://pypi.python.org/pypi/jsonschema
    Please install it first.
なんじゃ。pip install jsonschema では「すでに入ってる」と言われたので、

$ sudo pip install functools32

とすると、うまくいった。
 

ずいぶん間があいてしまった。
サンプルプログラムの OpenGL を Raspi 自身で動かそうとしたが、私のプログラミング能力ではできなかった。



よって、もとのサンプルどおりに

 A. センサー& Webサーバ:Raspi
 B. 3D表示(OpenGL)側:別のPC(Ubuntu)

にわけて 3D表示させてやった。
サンプルの注意どおりに webサーバの ip変えるだけで、うまくいった。すげぇ、かっこいい!

もともと MPU-6050 センサーから出力される数値が、机の上で制止している状態(のはず)でも、 server.py で出力される毎に、微妙に変化しているのが、3D 画面上での 微妙に振るえてる感じで表現されている。



ずいぶんと間があいてしまった。

そもそも自分にプログラミング能力が無いことを反省し、基本的なことを勉強しようと思った。

今の時代、ネットで、しかも無料でできる。

Codecademy では、いくつかのプログラム言語を Web画面上でプログラム演習を進めていくことで順序だてて学習できる。

https://www.codecademy.com/

このサイトの Python を勉強している。いまのところ 80%まで進んでいる。

↑このページのトップヘ